中国産と青森産で黒にんにくを作って比較しました

黒にんにくの賞味期限と保存方法

中国産、青森産、黒にんにく

 

中国産、青森産、黒にんにく黒にんにくの保存方法と賞味期限

 

完成した黒にんにくですが、一度に10個以上作るとなると、気になるのは「保存方法」と「賞味期限」です。

 

ちなみに黒にんにくの1日に食べる目安は、2粒〜3粒と言われています。

 

生にんにくのような刺激はないので、1日3粒以上食べても問題ありませんが、黒にんにくの効果としては一度に沢山食べても意味がないようです。

 

それよりも2〜3粒を毎日継続して食べるということが、黒にんにくの効果を得るためのポイントとなります。

 

■黒にんにくの1日に食べる目安
・1日2粒〜3粒(沢山食べても効果は上がらない)
・沢山食べるよりも毎日継続して食べる事が大切

 

それでは、黒にんにくの保存方法と賞味期限ですが、黒にんにくは生のにんにくを熟成させて発酵させたものです。

 

発酵食品は、基本的に日持ちが良いので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

 

では、黒にんにくの保存方法ですが、

 

一番のオススメは冷蔵庫での保存です。

 

常温の保存でも3ヶ月ほどは全く問題無くもつと言われていますが、それでも常温保存する場所の気温や湿度などの条件次第では、傷む可能性はあります。

 

ですので、一番確実で安心なのは冷蔵庫での保存となります。

 

保存のポイントをおさえ冷蔵庫で保存すれば、半年は問題無くもちます。

 

冷蔵庫で保存する場合のポイントは、

 

・黒にんにくの皮はむかない事
・新聞で包むか、髪袋に入れる事
・野菜室があれば野菜室で保存する事

 

です。

 

冷蔵庫内は、湿度が低く乾燥しています。

 

ですので、黒にんにくがカラカラに乾燥してしまわないように、皮はむかず、さらに新聞紙や髪袋に入れることによって乾燥を防ぐことができます。

 

また、野菜室があれば野菜室で保存する方が、通常の冷蔵庫で保存するよりも乾燥しにくいです。

 

■黒にんにくの保存方法
・冷蔵庫での保存が安心でオススメ
・野菜室があれば野菜室で保存
・乾燥を防ぐために皮はむかず新聞、または紙袋に包む
・賞味期限は冷蔵庫なら半年間は問題無くもつ

 

以上が黒にんにくの保存方法となります。

 

「冷蔵庫に入れても臭くないの?」

 

と、においが心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

 

熟成によってにんにく臭の原因「アリシン」抜けていますので、臭いはほとんどしません。

 

それに新聞や紙袋に包みますので、ほぼ無臭になります。

 

 

黒にんにくの作り方を【全工程】見るならコチラから♪
⇒黒にんにくの作り方【全行程】を見る

 

【工程別】で見る場合は以下からどうぞ♪
⇒黒にんにく作りで準備する物

 

⇒黒にんにくの作り方

 

⇒完成までの日数と完成後の乾燥

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加